肌の適切な水分量と水分量を上げる方法

MENU

適切な肌の水分量と水分量を上げる方法

年齢とともに肌の水分量は徐々に減少してしまい、肌が乾燥してしまうと思わぬトラブルも発生してしまいます。

 

乾燥によるトラブルには大人ニキビやしわなどがあり、どれも一度問題を抱えてしまうと中々改善することが難しく長期間にわたってトラブルが続いてしまいます。ではトラブルを起こさない適切な水分量とはいったいどのくらいなのでしょうか?

 

水分の量を測る測定器などが通販サイトなどで発売されていますがそれら測定器によると大体50%以上の数値を示せば水分量は問題ないそうです。

 

しかし大切なのは年齢による肌の特徴を理解することです。20代の場合水分の量は安定しており皮脂の関係もあり洗浄力の強い洗顔などを利用しなければ20代が一番ピークの状態と言えます。

 

30代になると20代の時よりも皮脂量が減っており乾燥しやすい状態になっていますので20代のときに行っていたスキンケアでは肌の水分の量を余計に減らしてしまう恐れがあります。

 

そのため洗顔だけでなく化粧水や乳液を使って保湿を十分に行う必要があります。

 

40代になるとターンオーバーのサイクルが遅れてくるようになりシミやシワなどが特に目立つようになってしまいます。ターンオーバーが遅れてしまうことによって古い角質がはがれ難くなるので人によっては吹き出物などができやすくなってしまいます。

 

このように年齢によって肌の状態は異なり、対策方法も違ってきます。しかし肌の水分量を上げる方法は基本的には同じです。洗顔に関してはまず皮脂を取り過ぎないものを選びましょう。

 

若いときは皮脂の分泌が盛んのため洗浄力の強い洗顔を使っても問題ないのですが年齢と共に皮脂量は減ってくるのでより乾燥しやすくなってしまいます。特にニキビを防ぐ効果のある洗顔などは洗浄力が強いのでなるべく使わないほうが無難です。

 

そして何より水分量を上げるために必要なのは保湿です。保湿効果を高めるためにはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が十分に配合されているものを選びましょう。化粧水や乳液などを使う際はコットンを利用すると保湿効果をさらに高めてくれます。