くすみ

MENU

くすみの正体と対処法について

くすみがあると、肌になめらかさや透明感が消え、顔色が悪いように見えます。

 

特に目の周り、小鼻の周辺、頬の高い部分はくすみが起こりやすい場所であると同時に目立ちやすい場所でもあります。

 

これらの場所に影を作らせる正体はいくつかあり、正体の内容によって対処法も異なります。

 

アウトドアが好きな人や紫外線にはあまり気を使わない人に多いのは、紫外線によるくすみです。

 

紫外線は肌にダメージを与える大きな要因になり、メラニン色素を増やすだけではなく、シワやたるみを引き起こすので、影になった部分が目立つようになります。

 

この場合は、まずは紫外線対策をしっかりと行い、美白化粧品で予防することが大切です。

 

さらに、できてしまったシミに働きかける有効成分が含まれたクリームなどでケアすると良いでしょう。

 

紫外線対策をしていても、古い角質がはがれずに表皮にとどまっていると、顔がくすんで見えます。

 

角質肥厚の正体は、ターンオーバーの乱れと乾燥です。

 

ターンオーバーが乱れると、皮膚の再生が滞るため、くすみやシミだけではなく、シワやたるみなども目立ちやすくなります。

 

表皮には、バリア機能がありますが、乾燥すると水分がなくなり、バリア機能が低下します。

 

すると、皮膚を守ろうと角質が厚くなります。

 

角質肥厚を解消し、ターンオーバーを整えるためには、まずは古い角質を取り除き、十分に保湿することが対処法になります。

 

余分な角質を取り除き、美容成分が入った化粧品でケアすると、くすみが目立たなくなります。

 

さらに、顔色が悪く見える正体には、血行不良があります。

 

睡眠不足や、冷え症などで血行が滞ると、血液の色が黒っぽくなり、くすみがかった肌色になります。

 

対処法としては、血行不良が改善されるように、適度の運動をしたり、マッサージクリームを使ってマッサージを行うと良いでしょう。