毛穴の黒ずみの原因と対策

MENU

毛穴の黒ずみの原因と対策まとめ

毛穴の黒ずみの原因と対策

 

毛穴の黒ずみは、皮脂や脂が主な原因です。

 

角栓と違い、毛穴の黒ずみは、頬や鼻だけでなくおでこやこめかみなど顔全体にあらわれます。

 

毛穴の詰まった汚れが酸化することで発生します。

 

酸化する原因としては、角栓をそのままに放置していたり、過剰なスキンケアによる肌の乾燥、単なるスキンケア不足などです。

 

オイリー肌だからといって黒ずみができるのではなく、毛穴につまらなければ発生しません。

 

顔がテカるからといって、強力な洗顔料やあぶらとり紙を使い続けていると皮脂が過剰分泌し始め、黒ずみになりやすいです。

 

対策としては、原因に合わせてケア方法を変えることです。

 

角栓が詰まるタイプは、皮脂と角質のケアが必要です。

 

この場合、洗顔では、分泌した皮脂を取り除く必要があります。

 

汗やホコリは水だけでも落とすことができますが、皮脂は、水だけでは落とすことができないため、洗顔料を使って洗顔します。寝ている間にも皮脂は分泌されるため、極度の乾燥肌や敏感肌でなければ、朝も洗顔料を使ったほうが望ましいとされています。

 

毛穴が乾燥しているタイプは、肌の乾燥が原因のため、保湿ケアを重点的に行います。

 

加齢以外では、クレンジングや洗顔での擦りすぎや時間のかけすぎ、化粧水などをつける際のパッティングなどにより肌への刺激が増えることで乾燥している事があります。

 

そのため、クレンジングや洗顔を行う際には、手短に優しく行い、化粧水などをつける際には、肌を押さえるように優しく行います。

 

使用する化粧品などでは、保湿成分であるセラミドが配合されているタイプが適しています。また、肌の水分を増やす作用があると言われているはと麦茶を毎日朝晩にコップ1杯程度飲むことも乾燥を防ぐために有効です。

 

mellineがおすすめ